好きなことで起業するビジネスのタネの見つけ方!ポイント3つと7個の項目を一挙公開!

direction-of-entrepreneurship

「起業したいけど、どういう方向性でいけばいいのかわからない…」

起業に向けた行動を起こす決意をした後、まず最初にぶつかるそんな悩ましい問題をお持ちの方に向けて、今回は記事を書いていきます。

 

今回の記事では、起業のためのビジネスのタネ(起業の分野)を見つけ出すやり方を解説。

ステップ式に学習と実践内容の解説を進めていくので、順序とおりに作業を進めていただければ、きっとあなたらしいビジネスのタネを見つけ出すことができるはずです。

 

起業したいという思いはあるのに「何をすればいいのか…」と悩んでしまっているそこのあなた!
今回の記事も必見ですよ!

 

ステップ① 自分の棚卸し作業を実践しよう!

my-inventory

まず始めにやるべき作業は、起業に向けたスタートとなる「自分の棚卸し」です。

自分の棚卸しをせずに、書籍やネット情報ばかりを頼りに起業を目指すと、必ずどこかの作業や作成の段階で悩みや迷いが生まれて躓きが出ます。

もし、これまでに起業を目指した行動を起こしたにも関わらず、作業や作成がうまくいかなかった、起業という成果にまで至れなかった、

そんな経験があるなら、その一番の原因は間違いなく自分の棚卸し不足

起業に向けたすべての土台であって、すべての作業や作成の結果、そしてビジネスの成果に繋がっている「自分の棚卸し」を、十分にやっていなかったから

 

「自分の棚卸し」はものすごく重要な作業です。ビジネスのタネを見つけ出すステップ①として、必ず実践しましょう!

 

「自分の棚卸し」についての重要性とやり方については、以下の記事にまとめていますので、ご覧になってください。

参考記事:起業するなら100%必須の作業「自分の棚卸し」の重要性とやり方を詳しく解説

 

ステップ② ビジネスのタネを見つける考え方を知っておこう!

search

「起業したいけど、どういう方向性でいけばいいのかわからない…」

そんな人の多くは、何をすればいいのかを探すために、ネット検索して情報を探してってなりがちです。

それで簡単に使命感と情熱を注げて楽しみを感じながら取り組めるビジネスのタネを見つけられたら一番なんですけど、でも、なかなかそううまくはいかないんですよね。

よくあるパターンが、安易な気持ちで”すぐに儲かる、成果を出せる”といった情報に引き寄せられて、手を出してしまうこと。

でも、中途半端な意識と想いで始めたことって、本当に続かないんですよ。「本当はこんなことしたくなかった…」って、結果的になってしまうことがほとんどなんですよね。

それに、すぐに儲かる、成果を出せることって、逆に考えてみれば、誰にでもできてしまうってこと。だから、一気に参入者が増えて一気に飽和が進んで、あっという間に儲からなくなる、成果を手に入れられなくなるのが関の山なんです。

 

起業するなら、使命感と情熱(熱意)を持って、楽しみを感じながら取り組める「自分らしいビジネス」を設計・構築していきましょう!

使命感と情熱を持って、楽しみを感じながら取り組めるビジネスを設計・構築すれば、そのビジネスは続けられるものだし、「本当はこんなことしたくなかった…」 なんて思うはずもないですからね。

時間をかけて愛情を込めて育てたビジネスは、簡単に真似されるものではないです。一気に参入者が増えて一気に飽和が進んで…なんてことはまず考えられません。

それに、「いつかは独立したい!」と考えていたり、パラレルワーク(複業)で今のお仕事をしながら自分のビジネスを立ち上げて「自分らしい生き方をしていきたい!」と考えていたりするなら、真似をされづらいビジネスを育てていくことがとても大事です。

 

焦らないでくださいね。

結果的に言えば、使命感と情熱を注げて楽しみを感じながら取り組めるビジネスのタネ(起業の分野)を見つけて、そこから必要なことを勉強して、一つひとつの作業や作成をじっくり取り組んで起業した方が、

考えられるリスク(投資、失敗、後悔など)を最低限に抑えられますから。本当に。

焦って、なんとなく情報を買ってビジネスを始めてみる、それがダメなら、また違った分野の情報を買ってビジネスを始めてみる、それでもダメなら…

そんな風なスパイラルにはまってしまったら、それこそ大切なお金と時間をムダにしてしまいます。

起業を目指すなら、起業のための正しいやり方を学び、正しい実践をしましょう!
その繰り返しが、リスクを最低限に抑え、起業の成功率を確実に高めます。

 

ステップ③ ビジネスのタネを見つけ出す3つのポイントと注意点

light

ビジネスのタネを見つけ出す3つのポイント

ビジネスのタネを見つけ出すポイントは3つあります。

  1. 好きなこと
  2. できること
  3. 将来性のあること

この3つが揃ったビジネスのタネを見つけ出せると完璧です。

それはなぜか?

  • 好きでもないことや興味ないことに使命感や情熱を注げるか? 楽しんで取り組めるか? 普通に考えて難しい
  • 好きだから、興味あるからといって、それができなかったらうまくいくはずもない(これから勉強をして、自身の知識や経験を増やして、それでできるようになっていくのはあり)
  • すでに衰退していたり飽和していたり、将来性を感じられない分野では、起業してもすぐにダメになってしまう可能性が高い

使命感と情熱を注げて楽しみながら、時間をかけて愛情を込めて育てていける「自分らしいビジネス」を作り上げる、そのために、この3つのポイントは、すごく重要な要素なんです。

もちろん、この3つを完璧(特に将来性について)に抑えることは簡単ではありません。でも、完璧とまではいかなくても、できる限りこの3つのポイントを抑えられるように考えることが大事なんです。

 

ビジネスのタネを見つけ出す際の注意点

「できるから。将来性があるから。」という理由で、好きなこと以外を基点にしてビジネスのタネを見つけ出そうとすると、なかなか使命感と情熱を注げて楽しみを感じながら取り組めるビジネスのタネは見つけ出せません。

  1. 好きなことを考える
  2. できることを考える
  3. 将来性があるか予測する

基点は必ず「好きなこと」にして、そこからできること、将来性のあることを考えていくようにします。そうすることで、より確実に自分らしいビジネスのタネを見つけ出せます。

 

例を挙げると、私(スモールビジネス起業を教える人)のことで恐縮ですが、

  1. 好きなこと: ずっと楽しみながら喋っていられる起業関連の話をすること、Web集客の仕組みの構想や作業
  2. できること: スモールビジネス起業、Web集客仕組み構築、Webマーケティング、セールスメールライティング(ステップメール)、通販(Amazon)、確定申告(青色)、法人化など
  3. 将来性があること: 企業のAI導入が今後拡大し様々な分野で人を必要としない自動化が進むことと、政府主導の企業に対する「社員の副業、複業の許可」促進で、今後起業を考える人が増加する可能性が高いと予測。
  4. 1.2.3.のステップを踏んだ結果から『スモールビジネス起業とWeb集客』をビジネスのタネに決める

1.の好きなことを基点に、2.のできること、3.の将来性のあることを詰めていきました。そこからビジネスのタネを見つけ出し、そして起業へと向かっていきました。

 

ステップ④ 7個の項目からビジネスのタネを見つけ出そう!

entrepreneur-seed

自分の棚卸しをした結果を振り返りながら、好きなことを考え、そこからできること、将来性があるかを考えていきましょう。

3つのポイントを細分化した、以下の7個の項目について考えてみてください。私の実例や考えを例に出しながら解説していきます。

 

好きなことを考える

①好きなことで知識があり、喋り出したら夢中になって1時間2時間は喋り続けられることを考えてみましょう。

:起業を考えている方に、3時間ぶっ通しで起業の仕方と集客についてを喋り続けたことがあり、税理士の方にWeb集客の仕組みについて熱弁をしたこともある。別の方からは「ビジネスとか起業のことの話をしている時が、一番生き生きしていて楽しそう」と言われた。

夢中になって喋り続けられることは、それだけ知識も豊富だと考えられます。また、夢中になれるくらい「好きなこと」としても捉えられますよね。

 

②これまでで最もお金をかけてやってきたことを考えてみましょう。

:Web集客、Webマーケティング、Webセールスを学ぶスクール

スクールに入る際、例に挙げている内容について知っていることがあっても、ほとんど本質的な理解ができていませんでした。ですが、大きな必要性を感じていたので、それで、けっこうな金額を投資して本格的に勉強してみることにしたんです。それが今では、大きな関心のあることになっていて、「好きなこと」に通じているんですよね。

お金をかけてやってきたことは、大きな関心に繋がります。大きな関心は、好きなことに通じています。

これまでで最もお金をかけてきたことを考えてみてください。

 

できることを考える

③今までのお仕事の経験

:【雇用】自動車販売、中古自動車査定・買取り、輸出入通関業務とその関連業務
【事業】E-BookのWeb販売、通信販売、ステップメールライター(Webセールスライティング)

色々と取り組んできた中で、一番興味があって性に合っていると感じたのは、ステップメールライターサービスを独自で立ち上げて案件を受注することで経験した、「自分でビジネスを設計・構築する」ことでした。

あなたのお仕事の経験から、一番興味があって性に合っていると感じたことは何ですか? 

 

④提供したこと、してあげたことで感謝を受けたこと

:起業を考えている複数の方に、「起業の仕方と集客についてをレクチャー」し、その内容を実際の行動に役立てていただき、感謝のお言葉を頂戴したこと。

自分にとっては大したことのない情報や知識だと思っていても、その情報を聞いたり実践に活かしたりされた方から感謝を受ければ、その方はそれが喉から手が出るほど欲しい情報や知識だったのかもしれません。

そうした情報や知識は、大きな価値になる可能性があります。

 

⑤資格

:通関士、中型自動車、中古自動車査定士

言わずもがな、資格は大きな武器です。私の一番の武器は「通関士」という国家資格ですが、残念ながらその資格を用いての独立開業はできません。将来的に、通関の知識と経験を活かした事業を立ち上げる可能性はありますが、今のところは願望の段階です。

資格は公的なものでなくても構いません。どんな資格の知識やスキルでも、それは価値になる可能性が十分にあります。

 

将来性があるか予測する

⑥現在の社会情勢から10年後を予測してみる

:企業のAI導入が今後拡大し様々な分野で人を必要としない自動化が進むことと、政府主導の企業に対する「社員の副業、複業の許可」促進で、10年後の起業家人口を考えると、かなり増加する可能性が高いと予測。

未来を予測することはとても難しいことではありますが、現在の情勢とか時流を見て自分なりに予測を立てていきます。

ただ、その予測があまり大胆すぎると、ビジネス設計が難しかったり、頑張ってビジネスを立ち上げたのになかなか軌道に乗らないなんてことも考えられるので、注意が必要ですね。

 

⑦悩みや痛み

:起業したいけど起業の仕方がわからない、集客の仕方がわからない、自分のビジネスにかける時間、大きな資金を使えない

ビジネスの目的は、「お客様に喜んでいただく、満足していただくこと。そのために、提供する価値で、お客様の悩みを解消・解決したり、お客様の願望を叶えたりする」ことです。

でも、ビジネスの方向性が決まらないと、どんな悩みや痛みを考えたらいいのかわからないと思います。ですので、まずは、あなた自身の悩みや痛みを考えてみてください。

そして、そこから、悩みや痛みを解決するためにあったらいいなと思うことを考えてみてください。

あなたが感じていることは、他の誰かも同じように感じています。ビジネスのタネを見つけ出すキッカケになるかもしれません。

 

まとめ

今回は、

「起業したいけど、どういう方向性でいけばいいのかわからない…」

起業に向けた行動を起こす決意をした後、まず最初にぶつかるそんな悩ましい問題をお持ちの方に向けて、好きなことで起業するための「ビジネスのタネ(起業の方向性)の見つけ方」について解説してきました。

  • ステップ① 自分の棚卸し作業を実践しよう!
  • ステップ② ビジネスのタネを見つける考え方を知っておこう!
  • ステップ③ ビジネスのタネを見つけ出す3つのポイントと注意点
  • ステップ④ 7個の項目からからビジネスのタネを見つけ出そう!

今回解説したことを、ステップ①から順に学習と実践をしていけば、きっとあなたらしいビジネスのタネ(起業の方向性)を見つけ出せるはずです。

じっくり時間を取って、取り組んでいただけたらと思います!

 

direction-of-entrepreneurship

【無料】資金0で起業したい人のための読めばわかる短期集中メール講座

『起業への道 5ステップ』

envelope

この短期集中メール講座は、

①初めての起業を決意するための4つの考え方
②可能性を見つけて起業の方向性を決める方法
③起業のネタをあぶり出す2つのマトリックス
④起業のネタを商品・サービスに設計するやり方
⑤ビジネスシステム構築に必要なすべての項目解説

資金0で起業することができる5つの項目を、ステップバイステップで解説。起業までの道のりを勉強でき、実践に繋げていただくことができるコンテンツを「完全無料」でお届けします。
また、講座を受講された方には、起業を現実化する実践シートをプレゼント。さらに、ここでは言えない豪華特典も用意しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ROADSKY合同会社代表。1973年生まれ。神奈川県横浜市在住。旨い酒と肴をこよなく愛する40代。
2009年、パラレルワーク(サラリーマンと個人事業の複業)のスタイルで起業。サプリメントやメディア(CDやDVDなど)をオンラインで販売する「モノを売るビジネス」、メルマガの執筆代行などをサービスとして提供する「スキルを売るビジネス」、ビジネス系E-book(情報コンテンツ)の販売や顧客サポートなど「知識を売るビジネス」を展開。
現在は独立して、経験やノウハウをもとに理想の現実化と人生のリスクヘッジをテーマにしたスモールビジネス起業の情報、サービスを提供している。