「ひとり起業」に特化した起業コンサルタント

「副業」と「複業」の違いとは? サラリーマンの新しい生き方と働き方

 
eyecatch-180814
この記事を書いている人 - WRITER -
K. Ienaga
起業コンサルタントROADSKY合同会社代表。副業・複業・独立・個人事業主・法人化を経験した、旨い酒と肴をこよなく愛する40代。
詳しいプロフィールはこちら

どうもこんにちは! ROADSKYの家永です。

 

副業と複業。その違いは何だろうって考えたことありませんか?

読み方は同じ「フクギョウ」なんだから、 結局同じ事なんでしょ! って考える人が多いですけど、でも、読み方は同じでも、それぞれの定義や目的や取り組み方までもが、実はまったく違うんです。

そこで今回は「副業」と「複業」の違いについて書きました。これからのあなたの活動・生き方に大きく影響することだと思うので、ぜひ知っておいてくださいね!

 

1.  「副業」と「複業」それぞれの定義とは?

終身雇用や年功序列制度の崩壊、企業倒産やリストラなど、以前のサラリーマンが持っていた安心感・安定感は、近年一気に失われていきました。

そうした背景がある中、副業に取り組む人がものすごく増えました。そして、「複業」という言葉も、ここ最近急速に広まりつつあります。

「副業」と「複業」

両者の定義とは、いったいどういうものなのでしょう?

 

1-1. 副業とは?

広辞苑では、こう紹介されています。

副業

本業のほかにする職業。

  • サイドワーク
  • セカンドワーク
  • W(ダブル)ワーク
  • すきまワーク

なんていう風にも言われています。

会社帰りの居酒屋のアルバイトでも、倉庫内作業などの仕事を紹介される日雇い派遣でも、アフィリエイトブログの運営でも、家で何かしらの加工や組み立てをする内職でも、雇用形態とか収入形態とか関係なく、本業のほかで収入を得るための仕事をして総収入を増やすことを目的とした取り組みを「副業」と呼ぶようです。

 

1-2. 複業とは?

では「複業」とはどういうものでしょう?

複数の本業を持つこと。副業のような片手間仕事としてではなく、生業として別の業種を二つ以上兼務すること。

引用:複業(フクギョウ)とは – コトバンク

複業は、他にも

  • パラレルキャリア
  • パラレルワーク

なんて言うときもあります。

「複業」は副業とは違い、どちらが主でどちらが副でもなく、同じように労力をかける仕事を持つことが特徴です。複業で取り組む業種や職種はさまざま。インターネットやSNSが発展して、PCやスマホさえあれば誰でも個人事業が営める時代なので、形態は多様化してます。印象的には「知識や経験、好きなことや得意なことを活かす」方が多いように感じます。YouTuber(ユーチューバー)なんて、その典型ですね。

 

2. 副業と複業の違いって具体的にどういうものなの?

「副業」と「複業」、定義に違いはあっても、結局は”収益が目的”でしょ? だったら、どっちも結果的に一緒じゃん! とまだまだ思われているかもしれませんが、冒頭でお伝えしたとおり、副業と複業は目的も取り組み方もまったく違います。

ではこれから、副業と複業の違いがわかる「それぞれの目的と取り組み方」をご紹介します。

 

2-1. 副業は「総収入」、複業は「バランス」

私は20年近く、ずっとサラリーマンでしたが、サラリーマン生活の後半は、自分の仕事を持っていました。自分の仕事を持つようになってからは、会社の仕事は定時内で(強引にでも)できる限り終わらせるようにして、自分の仕事に取り組める時間を捻出してました。

そうすると、当然ですが残業代はほとんどなくなります。

 

2-1-1. 副業の観点は「総収入」

副業の目的は「副収入を得て総収入を増やす」ことです。残業代なしでやるなら、なくなった分以上を稼がないと、その目的を達成することはできません。

私の場合だと、残業代込みの月収はだいたい平均して32万円くらい。残業しないと23万円を下回ってました。

だから例えば「残業せずに取り組んだ仕事で8万円の収入! やった! がんばったぜッ!」と喜んでも、実際は23万円と合計しても総収入は31万円にしかなりません。残業代込みの総収入より1万円減ってしまってます。

副業の観点だと、この結果は「失敗(やる意味がない)」という風になります。

 

2-1-2. 複業は「バランス」を見る

複業の目的は「複数の本業を持つ」ことです。どちらが主でどちらが副でもなく、同じように労力をかける仕事を持つことが特徴です。

さきほどの”残業せずに取り組んだ仕事で8万円の収入を得られた”例に当てはめてみると、複業の観点では「総収入は1万円減ったけど、でも、8万円の収入を得られる仕事ができるようになった! やった! 」という風にとらえます。

つまりは、どちらかの仕事を万が一続けられなくなっても「もう一つの仕事があるからリスクヘッジにつながる」といった「バランス」を、得られた成果として複業の観点では評価します。

なので、結果的には1万円の減収になってしまいますが、「成功(これからも続ける意味がある)」といえます。

 

2-2. 副業は「閉鎖的」、複業は「開放的」

サラリーマンが会社の副業をやっている・・・と聞くと、「誰にもバレないようにして、裏でこっそり」といったイメージがありませんか?

 

2-2-1. 副業は「閉鎖的」

その理由には、会社の就業規則もあるかと思いますが、実際は、

  • 上司・同僚からねたまれる、陰口を叩かれる
  • 何か怪しげなことして儲けてると思われる
  • 「儲かってんでしょ? いいじゃん、たまにはおごってよ」と言われる
  • 会社の仕事でなにかしらミスするたびに、自分の仕事のせいにされる
  • 外出するたびに「外で自分の仕事すんなよ」といちいち疑われる

といった「他人の目」が気になるからじゃないかと、私個人的には感じてます。

だから、どうしても「裏でこっそり、誰にもバレないように」となってしまう。

 

2-2-2. 複業は「開放的」

でも、複業の場合だと、副業と同じように「裏でこっそり」とはいきません。

あえて大っぴらに「私は複業をやってます!!」なんてことを、就業規則で禁止している会社や同僚たちに告白することはないです(大っぴらに言える時代はもうすぐ来ると思います)が、人とのつながりを積極的に作っていくことが大切な複業において、副業のような「閉鎖的」な活動は、完全に逆効果です。

名刺を持っていた方がいいことも多々あります。お客様への自己紹介はもちろん、交流会やセミナーに参加したときの「人脈づくり」には、名刺は強力なツールになります。

ブログやメルマガなど、オンライン上で集客する際にも、セカンドネームなどを使うより本名を示した方が、明らかに「信頼度」が違ってきます。

というように、複業は「開放的」な活動が必要なんです。

 

2-3. 副業は「楽」をするため、複業は「生き方」を得るため

副業と複業は、目的から逆算しても、違いがあることがわかります。

 

2-3-1. 副業は「楽」をするため

副業の目的は「総収入を増やすこと」です。じゃあ、なんで総収入を増やす必要があるのか?

その根底には「収入の悩み・苦しみから解放されて楽になりたい」という願望があるからですよね。生活を楽にしたい! 豊かにしたい! そんな願望を叶えるために、総収入を増やすことを目的に副業に取り組む。

でも、手段とかやり方をあまり重要視しない人が多いようです。「本当はやりたくないんだけど・・・」って思ってる人も、いっぱいいるんじゃないかな。

 

2-3-2. 複業は「生き方」を得るため

複業の目的は「複数の本業を持つ」ことです。でも、なんでわざわざ2つ以上の本業を持つ必要があるのでしょう?

これは先ほどの「リスクヘッジ」もそうですが、

  1. 自分の興味ややりたいことに沿った分野で、楽しみを得ながら続けていけることに取り組む
  2. 楽しみを得ながら続けていけることに取り組んでスキルを身に付けたり人脈を広げたりする
  3. 自分自身の「価値」を高める行動を常に起こして未来を切り開いていく

ということが、本質的な目的ではないかと考えます。つまりは「自分の生き方のため」ですね。

だから、取り組むことも取り組み方も人それぞれで、大きく収益化できる人もいれば、逆にNGOやNPO、ボランティア団体といった収益のない活動に参加する人もおられます。

 

2-4. 副業と複業の違いをざっくりまとめると・・・

副業と複業の違いを図にしてみると、こんなイメージです。

 

001-02

 

  • 総収入を増やすためにこっそり閉鎖的な活動をして生活を楽にしようとするのが「副業」
  • 複数の仕事を持ってリスクヘッジしつつ開放的な活動を通じて自分の生き方を創るのが「複業」

違いをざっくりまとめると、こんな感じでしょうか。

 

3. 副業より「複業」を選ぶ人が増えている!?

これまでの「フクギョウ」といえば「副業」が一般的でした。その傾向はいまも変わってません。

Googleトレンドで調べてみると、

001-03

それがよくわかります。複業より副業で検索する人が圧倒的に多いですよね。

でも、よーーーく見てください。

「複業」での検索が、少しづつですが厚みを増していってます。

 

3.1 「複業」が注目されてきている

働き方改革」の一環として、企業に社員の副業・兼業を認めるよう促していくという政府の方針が発表されて、世間でも話題になり出した2017年から、副業・兼業とは別に「複業」での検索が上がり始めました。

そして、今現在も、その数がじわじわとですが上がり続けてます。

001-05

最近は、新しい取り組み方として「複業」を特集する番組が増えていることもあって、そうしたことから「複業」で検索する人が増えているのではないかと思います。

それと、ネット上で見かける「簡単・片手間的な副業(に見えるもの)」を取り組んだ経験から、「世の中にウマイ話は無い」という事実に気付く人が増えて、「複業」で検索する人が増えた、とも言われています。

 

3.2 これから「自分の仕事」に取り組むなら

副業と複業の違いについて、ここまでお伝えしてきましたが、もしあなたがこれから「自分の仕事」に取り組むなら、たとえ総収入を増やすことを望んでいるとしても、副業ではなく「複業」での取り組みをおすすめします。

  • 熱意を込めて続けられる
  • 継続して仕事(収益化)に繋げられる
  • 余計な負担(資金や労力など)で自分が追い込まれないようにできる
  • 仕事に繋がるまでを仕組み化できて、仕事のタイミング・実施日時を調整できる

インターネットやSNSが発展して、こんなことが個人でもできてしまう時代、わざわざ”やりたくないこと”を選択することなんてないですよね?

コソコソ副業するのではなく、自分がやりたいことにチャレンジして、最初は小さくはじめつつ、いずれは大きく育てていって、未来を切り開いていってほしい、そう思います。

 

4. サラリーマンでもできる複業の「タネ」の見つけ方とは?

とはいっても、本業レベルの取り組みを複数こなすなんて、現実的じゃないと思われるかもしれません。個人事業などのフリーランスの人ならまだしも、会社勤めのサラリーマンからすれば、すごく遠い世界のことのように感じられるかと思います。

でも、実際にはそんなことはないんです。やり方を工夫すれば、誰にでもチャンスがあります。

そこで「サラリーマンでもできる複業の見つけ方3ステップ」をご紹介します。

 

4.1 「やりたいこと」を見つけよう

複業に取り組み、それを続けていくためには「やりたいと思えること」がベストです。

でも、実は私もそうだったんですが、やりたいと思えることってよくわからかったりするんですよね。これといった趣味がなかったり好きなことがよくわからなかったりして。

もし、あなたが私と同じなら、まず次の質問を自分自身にしてみてください。

  1. お金を払ってでもやりたいことはなんですか?
  2. 寝なくも集中して打ち込めることってなんですか?
  3. これまでの人生で最もお金を使ってきたことってなんですか?
  4. 2時間以上、ずっと話し続けられることってなんですか?

 

4.2 「できること」を見つけよう

やりたいと思えることが見えてきたら、それが「自分でもできること」なのかを考えていきます。

次の質問を、自分自身にしてみましょう。

  1. 今までに誰かから感謝されたことはなんですか?
  2. 親や先生に褒められたことはなんですか?
  3. 得意な科目はなんですか?
  4. 学校の委員会や部活動などでは、どのような役割を果たしてきましたか?
  5. これまでのお仕事の経験(アルバイトを含む)はどのようなものがありましたか?

自分にできること(得意なこと)って、実は自分自身が一番気づかなかったりします。例えば、自分にとってはあまりにも簡単にできすぎていて「得意なこと」だということに気づかないとか。

小さかった頃のことまで範囲を広げて考えるようにすると、けっこういろいろな発見(気づき)がありますよ。

 

4.3 世の中の流れに沿っているか?

やりたいと思えること、自分にできそうなことを見つけ出せたら、それが「世の中の流れに沿っているのか?」をチェックします。

こんな質問を自分自身にしてみてください。

  1. 10年後の世界はどうなっていると思いますか?
  2. 人気商品がなぜ人気が出たのか、理由はなんだと思いますか?
  3. みんなが悩んでいること・困っていることにはどんなことがあると思いますか?

「やりたいこと」⇒「できること」⇒「世の中の流れ」の順番で引き出した情報から絞り込みをしていくと、だんだんと【自分の方向性】が見えるようになってきます。

最初は慣れない作業ということもあり、なかなかうまくいかないかもしれませんが、繰り返しやっていくとコツをつかめます。コツをつかむと、いろいろな角度からいろいろな情報を引き出せるようになるので、ぜひ時間をとって取り組んでみてください!

あ、あと、それぞれの質問から引き出した情報は、ノートや手帳など「紙」に「ペン」を使って書き出すようにするといいですよ。”記憶”に頼って、せっかく引き出せた大切なことを忘れちゃったら、すごくもったいないですもんね。

 

まとめ

今回の記事では、「副業」と「複業」の違いをメインに、複業で取り組む仕事の見つけ方をお伝えしました。

これらは、あなたの「これからの活動」そして「生き方」に、かなり大きく影響することだと思うので、ぜひ今回の記事を繰り返し読んで、理解を深めていただけたらと思います。

 

su5-offar-002

この記事を書いている人 - WRITER -
K. Ienaga
起業コンサルタントROADSKY合同会社代表。副業・複業・独立・個人事業主・法人化を経験した、旨い酒と肴をこよなく愛する40代。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ROADSKYs BLOG , 2018 All Rights Reserved.