起業家に役立つ!会員制サイトが簡単に作成できるWordPressプラグイン『Password Protected』

password

「商品の提供方法ってどうすればいいの?」

今回の記事では、起業家のあなたに向けて、

知識や経験を提供するビジネスとの相性ピッタリ!
WordPressブログでサクッと作成できる、
会員制サイトの作成と運営の仕方
を解説します。

もし、商品コンテンツの提供方法で悩んでいるのなら、
ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

会員制サイトの作成は難しい

会員制サイトは起業家との相性がすごく良いのですが
会員制サイトの作成を難しいと感じている方が、
実際かなりの数おられます。

それを証明する事実が ↓

cs-site-001

上の画像は「会員制サイト」で
Google検索した結果をキャプチャしたものですが、
ご覧のとおり、広告だらけで、

会員制サイトの運営や作成を
代行する会社などが、相当数存在してます。

広告が多いということは、
つまり、それだけ悩んでいる方も多いということ。

たしかに、会員制サイトの運営や作成を
外注できたらとっても便利ですし楽です。
自分で何もしなくても、
会員制サイトが手に入れるわけですからね。

だけど正直・・・

高すぎる!!!

会員制サイトに高度な機能は必要か?

起業家が運営したい会員制サイトの機能は、
コンテンツの提供がほとんどです。

リストマーケティングの概念で言えば、
見込みリストの「教育(信頼関係の構築)」

もちろん、商品の提供方法にも使えますが
まずは、フロントエンド的な役割で
活用したいって方が多いんじゃないかと思います。

それだけの役割なら
わざわざ高い費用を使って外注に依頼したり
高度な技術を駆使して
完璧なサイトを作ったりする必要って、

「ない」

と考えますが、いかがでしょうか。

起業家の会員制サイトはこれで十分

コンテンツ提供だけの会員制サイトなら、
WordPressの基本的な知識があれば
それは簡単に作成することができます

先ほどのとおり、
会員制サイトは、会員だけが
コンテンツを観たり聞いたり読んだりできるサイト。

だから、会員以外は見れないようにすることで、
十分にコンテンツ提供型の会員制サイトは
目的を達成できます。

たしかに、

  • 個別にIDとパスワードを割り振る
  • 決済システムと連動させて入退会を管理する
  • メルマガなどを自動配信する

といったような機能が盛り込まれた
高度なシステムを手に入れれば、
会員制サイトの管理・運営は
しやすくなるでしょう。

でも、そのために高額な費用をつぎ込んで
外注するのは、コンテンツ提供が主なら
もったいなさすぎます。

その費用を削減すれば、
利益が大きく残ります

改めて申し上げますが、
コンテンツの提供だけの会員制サイトなら、
WordPressの基本的な知識があれば
それは簡単に作成できます。

「会員以外は見れないようにすればいい」

コンテンツの提供に特化した会員制サイトは、
ここをクリアできれば機能的に十分です。

『Password Protected』をインストールしよう

会員制サイトを作成するために便利なプラグイン、
『Password Protected』をインストールしてみましょう!

まず最初に、Wordpressにログインします。

WordPressにログインしたら、
『プラグイン』から『新規追加』をクリックします。


cs-site-002

「プラグインを追加」という
タイトルの画面が展開されたら、
画面右上にある「プラグインの検索」
と書かれている検索窓に、

『Password Protected』と入力します。


cs-site-003

検索結果の中に
『Password Protected』があるので
『インストール』をクリックします。


cs-site-004

インストールが済んだ後に現れる
『有効化』をクリックします。


cs-site-005

「プラグインを有効化しました。」
というメッセージが出たらOK。


cs-site-006

『Password Protected』の設定

続いて、
『Password Protected』の設定
について解説していきます!

『Password Protected』は、

  • サイト全体にパスワードをかける
  • 記事単位でパスワードをかける

2パターンの設定ができるようになっています。

サイト全体にパスワードをかける

『設定』から『パスワード保護』をクリックします


cs-site-007

「パスワード保護の設定」という
タイトルの画面が展開されたら
以下の内容を入力します。

  1. パスワード保護状況: チェックを入れるとサイト全体がパスワード保護されます。
  2. 許可する種類: 「管理者を許可する」にチェックを入れると、管理者だけパスワード入力が不要になります。
  3. 新しいパスワード: 会員がサイトを閲覧するための「パスワード」を決めます。※2箇所同じものを入力。文字は任意
  4. 入力が済んだら『変更を保存』をクリックします。


cs-site-008

「パスワード保護を有効化し、
管理者の閲覧を許可しました。
他のユーザーはサイトを見るのに
パスワードを入力する必要があります。」

「新しいパスワードを保存しました。」

というメッセージが出ると、
サイト管理者以外は、
全員サイト閲覧のために
パスワード入力が必要となりました。


010-kai-2

例えば、セキュリティの目的で月単位でパスワードを変更する場合は、パスワードを再度決めて『新しいパスワード』2箇所に決めたパスワードを入力します。入力後『変更の保存』をクリックすれば、新しいパスワードに更新され、以前のパスワードは無効になります。

決めたパスワードは、
メルマガなどで会員に案内します。

会員は『パスワード』欄に
案内を受けたパスワードを入力し
『ログイン』をクリックすることで、
サイト内を閲覧することができます。


cs-site-009

これで、パスワード保護させた、
会員以外は見ることができない
「会員制サイト」のできあがりです。

ページ単位でパスワードをかける

サイト全体でパスワード保護すれば、
会員制サイトの目的は果たせるので
ページ単位でパスワードをかけることはありません。

ただ、やり方はすごく簡単なので、
ついでに覚えてしまいましょう!

ページ単位でパスワードをかける場合、投稿であれば『投稿の編集』、固定ページであれば『固定ページの編集』でできます

右上部『公開』の中にある
『編集』をクリックします。


cs-site-012

公開状態が展開されますので、
以下の手順でパスワードをかけます。

  1. 『パスワード保護』にチェックを入れる
  2. 会員が記事を閲覧するためのパスワードを決めて入力する。文字は任意
  3. 『OK』をクリックする
  4. 記事を仕上げて『公開』をクリックする


cs-site-011-kai-2

これで、ページ単位で
パスワードをかけることができます。

まとめ

今回は、WordPressプラグイン
Password Protected』
の活用方法を解説しました。

コンテンツ提供のための会員制サイトは
「会員以外は見れないようにすればいい」
だけなので、このプラグインの活用だけで
十二分に効果を得られるのではと考えます。

高額な投資は、リスクが高すぎますし。

ぜひ参考にしてみてください!

password

起業家のための無料オンライン講座
売れるステップメール作成 7日間チャレンジ!

image

 

初心者でも大丈夫!

成約数を増やしたい起業家の方に。

セールスステップメールのプロが教える
「売れるステップメール10通1セット作成講座」
を開催しています。

売れるステップメールの作成スキルを
あなたも手に入れてみませんか?

※ オンラインサロンはFacebookグループで運営しています。
ご参加にはFacebookアカウントが必要です。